topimage

2018-09

フンッ! - 2018.09.19 Wed

久しぶりに農園。
大根、玉ねぎの種を蒔くための土壌が出来てない。
暑くなりそうな天気の中、出掛けた。

鋤を高く上げ、ザックリ土を起こす時の異様な快感。
鍬だと抵抗が大きく重くなることを知った。
当たり前でしょう…なのですね~。
知らなかったというか、気が付かなかった(-_-;)。


老体に暑さは、1時間が限度。
1坪?ほどに畝を3列作り、肥料の牛糞を施してきた。


1DSC00806.jpg


とかく、農園はトラブルが多いと聞いている?
いえ、トラブルにはならないが、
私のやり方は細かすぎるようだ。

納得せざるをえないらしく、手を出せない(フフフ)。
そう…夫は刈った草の処分に徹していた。


経験を積んでいるJさんは、次々と種を蒔いている。


2DSC00807.jpg


先日、ホームセンターで肥料を買う時気がついた。
「鶏糞、牛糞どちらにしよう?」
私は分からないので、お任せしたら牛糞を選んだ。

「肥料に、馬糞はないの?」
「無くはないが、馬自体が少ないから…。」
「そういうこと?」
「じゃ、豚糞はないの?」と聞こうと思ったが止めた。

…という字は、米と異で出来ていると気が付いた。
米を食べると、異なって出てくるから?

動物の食べ物は米とは限りません。
勝手な推測(#^.^#)。


3DSC00808.jpg


私の年齢の半分のお隣の奥さまは、好奇心旺盛。
ゴマのでき方はどうなっているのか知りたくて、
鉢で作ったという。

煎りごま、擦りごまは身近にあるけど、
種になる生のゴマがなくて探し回ったそうな。
農園を始めたのを知って、
種と実が付いている貴重な枝を下さった。


4DSC00803.jpg



そういえば、子供が小学生時、謝恩会の2次会で、
「吉永小百合さん」の「奈良の春日野」の
鹿のフンの歌に合わせ、踊ったのを思いだした。
4人でお面を被って…ふんふんふん🎶

若かった~?


の語源の由来を検索したら、推測とは違った(苦笑)。



☟ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ



心田を耕す…なんちゃって… - 2018.09.12 Wed

5時、部屋のシャッターを開け、ベランダに出てみる。
今年になって、初めてと思うほど心地よい空気。
畑に行かなくては!

外出の目的があると、朝の用事がトントンと進む。
家事を早々と済ませ、8時に家を出る。
10分で畑に着く。

おぉ~!感動!
弱々しかった大根の芽が、太陽の光を浴びて緑色。
2cmほどに生長している。


1DSC00697.jpg


またまたJさんは、次の種を巻いたようだ。
1度植えたら、そのまま育てるモノと、
移植した方が良いモノとがあるそうだ。


0DSC00701.jpg


大根はお彼岸前に撒くとも聞いた。
お彼岸、この日を境に昼夜の長さが逆転するからか?
太陽と地球、季節の区切り目、大切なのですね。


私の作業は、まず土地を耕すことからせねばならない。
上辺10cmほど掘り起こしている夫。
壌土が大事、せめて20cmくらいは、掘り起こしたい。と私。

ちょっと、意見の相違があったが、
納得してくれたようで、ちょっと深めに耕す。
どこにこんな力があったの?と思うほど元気が出る(*^^)v。


4DSC00694.jpg



土の中から要らない根っこを取り出しながら、
昔読んだ 『心田を耕す』 を思い出した。
(著者…庭野日鑛 、佼成出版社)


3DSC00693.jpg


心の中の必要のないモノを、
こうして、ひとつひとつ捨てて行けば、
心(体重も?)が軽くなるのに…(#^.^#)?

1坪程でしょうか?
耕し終えた一角を見て、
ちょっとだけ、邪念を払えたような感じがした。
いえいえ、謙虚も捨ててしまったことだし…\(//∇//)\。

とりあえず、無理はしないで、3時間で終了。
やっとスタート地点に立てたかな?


5DSC00698.jpg


帰るころ。
今までどこにいたのか、アキアカネ、シオカラトンボ。
十匹程が、草原を悠々と飛ぶ。
カメラを向けても忙しそうでつかまらない。

78歳の「スーパーボランティア」
尾畠春夫さんのようには止まってくれなかった(≧▽≦)。


DSC00688.jpg



婿殿の実家から早々と「プルーン」が届く。
季節は淡々と、秋へ…。



 優柔不断ですが、
   タイトルは「老いの足音」、HNは「明日葉」に戻しました。
   



ランキングに参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



生きものは待ってくれない…(#^.^#) - 2018.09.09 Sun


気にはなっていたけれども、
この暑さで、農園へ行くのは躊躇していた。

暫くぶりに行くと、当然の如く、
地上に出た部分しか刈ってないので、
一面に、生き生きとした草が30cmほどに伸びている。

地下茎を掘り起こす作業をしなければならない。
カマ、クワ、スキに加え、エンピという道具を揃える。
それに適した農具。
聞いたことも無い名前、種類も多い。


3DSC00674.jpg


9月初旬の作業として、大根や玉ねぎを植えるとある。
暑さと老化による体力の消耗、一向に捗らない(≧▽≦)。

一緒に始めたJさんは、畑の草取りを待っていられないようで、
端っこに何か植えたようだ。

この方法では、
365日かけても草取りは終わらないものね(T_T)。


2DSC00679.jpg


わぁ~!何でしょう?
弱々しくも、小さな芽が出ていた。
フフフ、間引きする苗を貰いましょう(#^.^#)!
この可愛い芽を、如何に育てるのかが問題だ!


1DSC00677.jpg


この日も1時間で体力限界(≧▽≦)。
のんびり、できる範囲でやるしかない。
NO!のんびりはしていられないのッ!


帰り、畑韮が咲いていた。
あなたは自分の力で生きられるから偉いネ~。


4DSC00681.jpg



 音姫ブログにご来訪ありがとうございます。
  
  20年ほど前のこと。
  パニック障害を機縁として始めたHP、掲示板、ブログですが
  ここ5、6年、転々と引っ越しし、
  お手数をおかけしている方もいます(≧▽≦)。
  
  またまた、ちょっと、リニューアルします。
  URLはそのままですが、HNその他、
  ビックリしないで下さいね w(゚o゚)w。

  どうでも良いって? はいは~い(アセアセ💦💦)。 
  


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

明日葉 - 2018.08.28 Tue

28日、早朝の気温が25℃という予報。
6時に家を出る。

今日で、草取りを始め7日目。
60%は終えたはずが、
その後、暑さと、蜂の巣騒動で遅れる。

Before…仕事前。

1DSC00500.jpg


夫は、虫よけ帽子なんぞを購入。
殺虫剤をところ構わず、撒き散らす。
あぁ~、その臭い薬剤を吸い込んでしまう私..
ここにいることを、知ってか知らずか(≧▽≦)?

涼しくなったとはいえ、作業を始めるとまだまだ暑い。
時折吹いてくる、草の匂いのする風を浴びる。
なんとも言えない心地よさ。
こんな経験も、なかったような気がする。

1時間ほどすると、周辺も動き始める。
無理しないで終わりにしましょう。
あと数日掛かりそう…。

After…仕事後。

2DSC00503.jpg


お昼は「明日葉うどん」。
今日、葉を摘んでも、明日は芽を出すという明日葉。

うどんに明日葉の緑色は、綺麗に出ているが、
香りは殆ど感じない。
生の葉の苦みが、強烈だけど、加工してしまうとね。
麺汁はメーカー香川県でした(*^^*) ??


3DSC00509.jpg


あらら?
うどんなのにラーメンどんぶりですよ。
この方が食べやすいですからね(-_-;)。


4DSC00513.jpg



食前、カメラに収めるのは、大変ですね。
もうおひとりさんもいるし、
テーブルに並べたら、早く食べたいしネ…(#^.^#)。


6DSC00512.jpg


おやつにサーターアンダギーを作った。
黒糖はなかったので三温糖です。


全国に広まりつつある「子ども食堂」。
私の所属するサークルでも、
ひとつの取り組みとして始まった。

自分自身の事だけで精一杯になりつつあるお年頃。
ボランティア…さて、どこまで出来るでしょうか?


草も明日葉と同じく、次々と生えてきますネ(*^^)v。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

みんなちがって みんないい! - 2018.08.23 Thu

早朝、畑の草取りを始め、今日で6日が過ぎた。
地上に伸びている葉の部分を刈るだけでも、終える予定だったが、
そうスムーズにはいかない。

予定は未定。
何事もそんなもの。

のろのろ作業ですが、
可愛い生き物と向かい合うと、
つまらぬことに捉われていた自分は、何だったの?
心底に眠っていた、多少の気力が湧き上がる\(^o^)/。

コツコツと楽しみながらを、モットー!に…


カマキリとテントウムシ

DSC00466.jpg


ヤブガラシ

DSC00480.jpg


せっかく大地に根を張った草も、生き物なんだけど、
その命を絶ってしまう。
智慧ある人間様は、自分が生きるため、
勝手な事してますね~(-_-;)。


DSC00454.jpg



意外な生き物が住んでいたのは想定外。
草の根元の誰も気づかないようなところに、蜂の巣。

その種類は分からないが、これまでに3個の巣が見つかった。
作業をしている3人、見つけた3人それぞれが刺された。
その痛さはハンパナイ。


DSC00477.jpg


私の場合、軍手越しに指の付け根に射されたのが、
手の甲全体が腫れあがり、グーにするのも痛かった。
痛みは、丸1日続く。
まぁ、それだけで済んだのですけどね。

最近ぶり返して来たこの暑さ。
玄関のドアーを開けると、
なま暖かい空気にむわぁ~!と体をまとわれる。
この体感がどうしても受け入れられない。

体調が乱れ、作業も捗らないので、小休止。
机上で、野菜作りの計画でも立てましょう…。


2歳児を発見したボランティアの尾畠さんは78歳。
生きる姿勢が、とても魅力的。

そこから、歳だからと、後ろ向きな考え方は止めよう。と
教えて頂いたつもりなんだけど…。

歌声、ウクレレ、憲法カフェ…
誘われても、暑さに負けて全て欠席状態。

畏れ多くも、トップレベルの功労者と、
比較するつもりはありませんが…(#^.^#)。


金子みすゞさん
「みんなちがって みんないい」


私にピッタリの言葉…いいじゃないの(*^^*)…。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

花時計

プロフィール

明日葉

Author:明日葉

なんだ坂 こんな坂
まさかの坂
コピー禁止です。

最新記事

お客様

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

教義 (2)
日常生活 (2)
未分類 (4)
イベント (4)
農園 (6)
家族 (1)
暦 (3)
非日常 (4)
呟き (4)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる