topimage

2016-10

落語 & TPP賛成って?  - 2016.10.31 Mon


10月31日。
2016年の6分の5が終わる。

「芸術の秋」なんて言葉も遠くなりつつ、
最近は、1年じゅう、
どこもかしこもスポーツ、文化的行事。

今月は、kanmo婆さんも、お遊び事の発表会。
どれもこれも満足できなくて、辛かった~。
それが当たり前かもしれない…。

全て辞めてしまおうか?と、思ったりもしたが、
でも…ここで辞めてしまったらどうなるんだろう。
認知症まっしぐらじゃ困るし・・・。


昨日は恒例の落語会が、『長栄寺』で行われた。
平成2年より、COOP店を会場に始まり、
今年で26年目になるという。

前座は【鳳月(ホウヅキ)】さん。
前座と言ってもプロ。

眼には見えない言葉というモノから、
その情景を即座に想像させられる。
巧みな話術です。


DSC06717.jpg


主演は【三遊亭竜楽】さん
6ヶ国語を駆使し、海外遠征もなさっているそうで、
話題も幅広く織り込まれます。
(以前、リンクしたことがありますが…)


DSC06722.jpg


衣装を変えて…
DSC06734.jpg


ニューヨークから駆けつけてくれたという
ウクレレ漫談「入浴家何がし」さん。
今回、たまたま、日本に居たそうですが、
実際は海外でご活躍とか…。
歌で世界を廻ります。


DSC06727.jpg


2時間たっぷり笑った後は、
住職手造りの「蕎麦がゆ」をご馳走になる。


litereas.jpg より(抜粋)

ヒラリーもトランプもTPP反対なのに
日本だけがなぜ強行するのか?
安倍政権のTPPインチキ説明総まくり
2016.10.30.


..............................

「アメリカのためのTPP協調」だったならば、
日本にもはや意味をなさなくなったはず。
なのになぜ強行採決までして押し進めようと
躍起なのか。
その理由は、呆気にとられるようなものだ。

「オバマなんてたんなる言い訳で、
TPPは経産省の“悲願”だからですよ。
戦前、軍部が悲願のために暴走したのと同じで、
走り続けてきたものをもう引き返せなくなっているだけ。

とくに安倍首相の主席秘書官である今井尚哉氏は
経産省出身で第二次安倍政権のTPP交渉を
後押ししてきた人物。
官邸も“TPPありき”で進んできたので、
何の合理性もないんです」
(大手新聞政治部記者)

制御不能のフリーズ状態に陥りながら、
満足な説明もないままTPP承認案・関連法案は
いままさに強行採決されようとしているというのだ。
国民を馬鹿にするにも程があるだろう。

しかも、安倍政権は馬鹿にするだけでなく、
嘘の説明によって国民をあざむき続けている。
.........................

~転載終わり~


DSC06738.jpg


"笑う門には福来る"
最近のテレビでのお笑いは?
その努力は分かるけど…。




ランキング参加中!




三笠宮さま & 鬼の眼にも涙のローラ - 2016.10.29 Sat


小春日和という言葉がぴったり。
友人とお喋りしながら、公園を散策する。


1DSC06688.jpg


杖に頼るようになった知人が、
井戸端じゃなかった公園端?に集う方々を、
「あの年寄りの方々」と言うけれど、
そういう、私たちも団塊の世代。
同類項だと思うけど…(-_-;)?


1DSC06694.jpg



ritera2.png より。

逝去した三笠宮が語っていた
歴史修正主義批判!
日本軍の南京での行為を
「虐殺以外の何物でもない」と
2016.10.28.


~抜粋~
..........................

“南京大虐殺はなかった”という論について

「最近の新聞などで議論されているのを見ますと、
なんだか人数のことが
問題になっているような気がします。
辞典には、
虐殺とはむごたらしく殺すことと書いてあります。
つまり、人数は関係ありません。

私が戦地で強いショックを受けたのは、
ある青年将校から
『新兵教育には、生きている捕虜を目標にして
銃剣術の練習をするのがいちばんよい。
それで根性ができる』
という話を聞いた時でした。

それ以来、陸軍士官学校で受けた教育とは
一体なんだったのかという疑義に駆られました」
(読売新聞社「This is 読売」94年8月号)
........................

~転載終わり~ リンクしています。

天皇陛下始め、皇族の方々は、
穏健な革新、リベラル思考が多いのでしょうか?


ローラf


なんて可愛いんだろう。
屈託のない笑顔、言葉、スタイル…
私はこの子が大好き。

1昨夜、何気なく付けたテレビ、
「櫻井・有吉THE夜会|と言う番組に
彼女が出演していた。
会話が面白く、そのまま見ていたら、
何と、
多くの方にクラシックを身近に聞いて欲しいと、
船橋で『フラッシュモブ』をやったそうで…。

76人のオーケストラ 『第九』
当日の様子は、24分過ぎ頃から始まります。




ローラf1

ro-ra2.png


彼女の愛らしい笑顔、優しさ、努力に感動。
鬼の眼から涙がこぼれた (/_;) ('◇')ゞ




ランキング参加中 (*^-^*)!


 
 

ヘイト思想を教育 & 見えない心の病 - 2016.10.27 Thu


ritera2.png  より

「土人」発言の背景
警官に極右ヘイト思想を教育する
警察専用雑誌が!
ヘイトデモ指導者まで起用し差別扇動

2016.10.26



......................
...............................
「ボケ、土人が」「黙れコラ、シナ人」などと
差別発言をした事件で、
府警は、発言者2名を懲戒処分にした。
.......................................
........................................

「警察組織内部、とくに警備や公安の間で、
沖縄の基地反対派への差別的な悪口がかわされるのは、
けっして珍しい話じゃない。

彼らは、基地反対派にかぎらず、
共産党、解放同盟、朝鮮総連、
さらには在日外国人などに対しても、
聞くに堪えないような侮蔑語を平気で口にする。
我々の前でもそうですからね。

これにはもちろん理由があって、
警察では内部の研修や勉強会、上司からの訓示など、
さまざまな機会を通じて、
警察官に市民運動やマイノリティの団体、
在日外国人などを『社会の敵』とみなす教育が
徹底的に行われるからです。

その結果、警察官たちには、
彼らに対する憎悪、差別意識が植え付けられていく。
軍隊ではよく、
敵国の人間を自分たちとまったくちがう
下等な生物扱いをして兵隊の戦意を煽るといいますが、
それとまったく同じやり方ですね」

................................
................................

~転載終わり(抜粋)~ リンクしています。

「BAN」という全国警察官雑誌があるそうです。



02SCN02771.jpg


人は知らず知らずの内に自分自身を操るという。
一種のマインドコントロールでしょうか?

集団的自衛権を行使できる安保法が成立し、
海外派遣が行使されている。
こんな法制に同意する「日本大好き」と言う人たち…。
あの実情をどんな眼(心)で見ているのだろう?

沖縄、長崎、広島・・・他・・・、
戦跡、数知れない墓標を見ても、
それぞれの観方・考え方は異なるようです。


03MG_04681.jpg


昨日の茶話会では、
ご近所さんの言動がオカシイという方がいた。

電気工事をする音に「うるさい!」。
認知症になったご主人を送り出し、
お迎えの方には丁寧に対応していのに
見えなくなった途端「ばんざーい!」と言った。とか?

スーパーの自転車置き場で、
口論していた男女2人の高校生。
男の子は別れて行ったのに、戻ってきて
自転車5、6台を足蹴りした。
それでも、女子高生は、歯向かっていた。
その後、どうしたのか?気になったけど…。

もしかして、その方は心の病を抱えているかもしれない。
と思うと、軽々しく言葉を挟むことはできなかった。
高校生には勿論のこと。


持って生まれた性格か?
理性と感情のコントロールが出来ない。

似たような事件は後を絶たない。
2度と起こさないようと言いながら、何度も…。


もしかして、私もその立場になったら?なんて、
それが普通の事のように思えてはお終いだ…。



※画像は、先週一週間、今年最後の写真展。
そこに提出した我が作品('◇')ゞ






ランキング参加中!


ウルトラマン & ホトトギス - 2016.10.23 Sun


昨夜は、過って円谷プロに所属していたという
sado jo さまのブログ記事にちょっと感銘を受けた。
『ウルトラマン』
その脚本家・上原正三さまは沖縄出身、
sado joさまの上司だったのですね~。


img_ac267766b8c85ee88122bf6580d0a6b5345578.jpg


私は、他のアニメにしても、
その真意(内容やあらすじも)を把握することなく、
子守りしてくれるようなモノとしか思ってなかった。

最近になって、どんなアニメ、作品にも、
原作者の深~い意図がある事を知って驚く。

『ウルトラマン』 と言えば、
長男の大好きな番組だった。
シリーズで、次々と出てくる7~8体のフィギアを
並べて遊んでいましたね~。

小さな子供心は、
ヒーローの正義感に引き付けられるのですね~。


sado jo さまがリンクしていた記事

okinawatimusu.png より

『ウルトラマン屈指の異色作
沖縄出身脚本家・上原正三さんが挑んだタブー』



「触るな、クソ」「ぼけ、土人が」…
と、不適切な差別用語。
菅官房長官は「許すまじき行為」と発言した。
にも拘らず、擁護する大阪松井知事。

そこで抗議活動やら支援するのは何故か?
いつまで続くのか?

人を人として思わない…酷いですね……。



1MG_2601.jpg


知人から鉢植えで頂いた白花ホトトギス。
白花でも蕊の色違いがあるようです。


DSC06659.jpg


鉢で頂いたのが、家の建て替えもあり、
あちこちと移動した。
この夏は、西日の差すところだったので、
葉が茶色になるのを横目で見ながら、
暑さで体力がなく、そのまま…申し訳ない。
でも、花はご覧の通り沢山咲いてくれましたヨ。


DSC06665.jpg


安心して下さい。
花が終わったら、日陰の花壇に植え替えしますから…。


アメリカンブルーの花の色が好きで、
花壇の全てを
この花で埋め尽くした時代もあった…。
今も小さな一角で咲き誇っている。


DSC06661.jpg


長男は、ウルトラマンのお蔭さまで、
怪獣などの名前から、
ひらがなより先にカタカナを覚えたっけ…。




ランキング参加中!



触れ合い祭り & 棚上げの姑息  - 2016.10.20 Thu


地域の公園で、
某議員さんとの「触れ合い祭り」が行われた。

フリーマーケット、太鼓、歌、フラ、etc・・・・。
私も歌声、子供のあそびコーナーを手伝った。


DSC06647.jpg

DSC06652.jpg

DSC06654.jpg


お昼は混ぜご飯、お赤飯、焼き鳥、
暑かったのでビールもいただいた。
秋晴れの下で、気の置けない仲間達とのお喋りは
この上なく愉しい。


DSC06648.jpg


日刊ゲンデジタル

棚上げの姑息
鳥肌が立つ自民党改憲草案と「明治の日」

2016年10月20日


豊洲市場や五輪の問題で
東京都の“小池劇場”に国民が目を奪われている裏で、
安倍首相の暗い野望が静かに、
しかし確実に蠢き始めた。

昨年成立した安保法を
与野党推薦の憲法学者3人が「違憲」と断じて以来、
開店休業状態になっていた憲法審査会が
今国会から再開される。

・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・

「参院選の結果、
衆参両院で改憲勢力が3分の2を占めた。
憲法改正を悲願とする安倍首相にとって、
今ほど環境が整ったタイミングはありません。

そんな中で憲法審査会の実質審議が始まるのです。
安倍首相は、参院選後にも
『我が党の案をベースに3分の2をいかに構築していくか。
これがまさに政治の技術だ』と
姑息なことを言っていましたが、
満を持して、憲法審査会を動かしてきたという印象です。

安倍首相は本気でやるつもりだと思う。
憲法改正はフェーズが変わった。
遠い世界の話ではなく、
国民にとってリアルな問題になったのです」
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・

■改憲草案をヒタ隠しにする安倍政権

改憲発言のトーンダウンは国民騙しのテクニック

■危険な意図隠しにメディアが加担

大日本帝国憲法の復活と歩調を合わせるように、
「明治の日」の制定が浮上している不穏。
18年は明治維新から150年の節目にあたる。
それで、明治天皇の誕生日である11月3日を
「明治の日」にしようという動きだ。
菅官房長官は、7日の記者会見で
「連絡会議を設けて明治150年に向けた
関連施策の基本的な考え方をつくり上げたい」
と言っていた。

こいつらは今も明治時代を生きているのか。
そこに国民も連れていこうと画策しているから
危険極まりない。
改憲草案の「棚上げ」なんかに騙されてはダメだ。


~転載終わり(抜粋)~


昨日はJR駅前で
・安保法制の発動を許すな!
・消費税増税と大軍拡を中止
・税の使い方の抜本的見直し・・・
などの訴えをしていました。

私の役割は、署名活動かな・・・。





ランキング参加中!




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

花時計

プロフィール

kanmo

Author:kanmo
人生 いろいろ~🎶 
なんだ坂 こんな坂 (*^-^*) 

全てコピー禁止です。

最新記事

お客様

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
平和って・・・? (80)
季節 (3)
ホッとする話題 (5)
老い(健康・ガン) (5)
あんな事こんな事 (74)
花写真 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる