topimage

2017-04

今村復興大臣の本音 & コンサート  - 2017.04.12 Wed

 
福島の原発事故以来、
貴重なデーターを報告をして下さっています。

kinosita.png より

本音を吐露しただけの今村復興大臣を問題視しても、
福島避難者の問題は何一つ解決しません。
2017-04-05 00:13:39
福島第一原発と放射能


会見で今村復興大臣の発言を問題視する記者発言を
賛美するネット住民を見て、
どこまで馬鹿なのかと呆れ果てています。

日本政府・自民党政権は避難者救済などは、
おこなうつもりは元々ありません。
そんなことはずっとわかり切った話です。

この復興大臣は、怒って有体にその本音を口走っただけです。
むしろ、本音を言っただけ、わかりやすくてよいです。

彼らからすれば、
自主的に避難した人間の面倒なんかみたくないだけです。
そうした本音を吐露されると、「それでも避難者を救え」的言説に、
実は本質的な対抗力はありません。

避難者の側も、もっと援助!と、
実質は国や県におねだりしているだけですから。
こんな状態が、膠着しているだけで何も展開する可能性はありません。

いいですか、
こういう時には現場で民衆が戦って勝ち取るのか、
それとも裁判で闘うのかしか、方法はありません。
「裁判」という今村発言は、その言い方は酷くても、
実質的におかしくないです。

前者は相当な覚悟を伴います。人も多数死ぬでしょう。
それが嫌なら、後者しかありません。

後者である裁判闘争に勝ち切る可能性は低いですが
(国相手の裁判にこの国で勝てる可能性はそもそも極めて低い)、
これは「放射能による健康被害」を
正面から訴えて闘う裁判の構図でないと、
将来的展望は絶対にありません。

勝つことが更に難しくなりますが、それしか出口はありません。
しかし、そういう構図では裁判は有りません。
裁判どころか、いつまで経過しても、
「放射能による健康被害」に耳を貸さない福島県民は圧倒的多数。
そして、福島の自主避難者でも、
「放射能による健康被害」を見たくない人が、やはり多数が現実です。
この状況が変化しない限り、何にも変わりません。

福島県民もネット住民も避難者も、
本当に立ち向かう気はない馬鹿ばかりということが、
この騒動でも露呈しています。
騒ぐマスコミは更に酷いですが。

確信犯の今村復興大臣を詰めても何にも解決しないです。
そんなことで溜飲を下げているネット住民やメディア関係者は
本当におかしいです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

福島県民、町民の選択も分れていますね。

見えない、聞こえない、、無味無臭の放射性物質。
汚染物質のゴミ袋の耐用年数、
3年、5年用を使っているそうです。
が、その黒い袋から草木の芽が出ているという。

延々と続く、汚染袋の山山山。
👇は昨年、9月、様子を見に行った時の記事です。

帰還困難区域 ゴーストタウンを通ってみた
- 2016.09.28 Wed



a1DSC07582.jpg



先週末3日間は、音楽三昧だった。
3日目は、ふれあいコンサート。
26団体の出演です。

過ってのPTA関係、ウクレレ友人、某団体の知人たち。
皆30年以上も続くコーラスグループ。
この美しい声はどこから醸し出されるのだろう?
みんなコツコツと積み重ねてきたのですよね。
優しいハーモニーに癒される。

練習では、ワンフレーズずつ、歌わされ、
飽きっぽい私は脱落したのですけどね(≧▽≦)。


DSC07593.jpg

DSC07592.jpg

DSC07591.jpg

DSC07589.jpg


今日も他所のブログで意見した(≧▽≦)。
お婆さんになっても平然とウソをつく。
復興大臣のホンネ…表と心の中と…アベソウリも同じく・・・。
そういう私も同類項・・・。

のn子さん、貴女は相当シツコイ人ですね。
どうぞ、今日、4月13日の内にリンクを外して下ささい。
でなければ、アクセス解析を知らない人のために、
リンク元と、ある人物の訪問履歴を公開したいと思います。
貴女の自己中な件に対して、私は私なりの方法です。
ご了解のほどを・・・。

リンクなんぞは、このサイトを閉じれは良いだけの事…。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

花時計

プロフィール

kanmo

Author:kanmo
人生 いろいろ~🎶 
なんだ坂 こんな坂 (*^-^*) 

全てコピー禁止です。

最新記事

お客様

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
平和って・・・? (80)
季節 (3)
ホッとする話題 (5)
老い(健康・ガン) (5)
あんな事こんな事 (74)
花写真 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる