topimage

2017-04

母に会いに & 安倍首相の都内遊説  - 2016.06.20 Mon

 

朝、曇っていた空に太陽が顔を出した。
蒸し暑くなりそう…。

昨日、母に面会に行く。
月に数回でも行こうと思えば行けなくはない。
建物も清潔感があり、
誰にも笑顔で挨拶する介護士さんの姿勢は素晴らしい。

でも、私にとって、
老人ホームは、留置所のように思えてしまう。
自由な意志は断たれ、外にも出られないのだから…。

会うと母から必ず出る言葉、
「いつになったら帰れるの?
私どこも悪くないからいつでも帰れるんだけど…。」


その都度、
「◎姉さんに相談してからね。」と答える。

物忘れは激しくも、意識はしっかりしている。
会える喜びと反比例に、
「帰りたい、今、この場から脱出したい。」
毎日こんな思いで過ごしているのかと思うと、虚しい。
そんな母を見ているのも辛い。

車いすに乗ってもらい、外へ。
咲いている花の名前を聞くと、
「紫陽花・ドクダミ・・・・・」と答える。

クー君と戯れる。
しばらくすると、また、「いつ帰れるの?」
これ以上いると、感情を刺激してしまいそう。

友人と思われる方の傍に連れて行き、
帰ろうとすると、
「私、ここから部屋へ帰れない。」と・・・。

介護士の方が、すかさず麦茶を持ってきてくれた。
丁寧に両手で受け取り、
「ありがとうございます。」と、挨拶している。
しっかりしているじゃない?

冷たいお茶を口に運ぶのを見て、
急いでその場を後にする。

姉が責任を持っているので、安心だけど…。


※ 画像は6月19日 母に会う前
「城ヶ島より昇る朝陽」 4:13 ~ 4:46
日の出  4:25  

 
1IMG_0399413.jpg


2IMG_0407418.jpg


3IMG_0409419.jpg


4IMG_0430429.jpg


5MG_0431430.jpg


6MG_0436431.jpg


7MG_0441431.jpg


8MG_0449434.jpg


9MG_0468434.jpg


10MG_0477446.jpg



litereas.jpg より 


安倍首相が都内遊説で
SEALDsら野党共闘市民連合から逃亡!
直後に同じ場所で遊説を計画しながらキャンセル

2016.06.19.

参院選に向け全国遊説を進めている安倍首相が、
東京ではきょう初めて、
JR吉祥寺駅北口前で演説を行った。

安倍首相が姿を現し、
演説をはじめたのは16時20分すぎ。
もちろん、肝心の内容は
相変わらず“アベノミクス”のアピール一辺倒。
これまで本サイトで幾度となく追及してきたように、
いずれも根拠のないウソばかりで、
もはや「それはあなたの頭のなかのファンタジーでは?」

と言うべき話をひたすら語り続けた。

このように、これまでの選挙と同様、
またしてもアベノミクスを選挙の争点にしようと
躍起の安倍首相だが、

経済政策を謳うことで国民の目を誤魔化し、
憲法改正という危険な争点を隠そうとしていることは明々白々。 

特定秘密保護法や安保法制のように
選挙にさえ勝てば後は好き放題にできると、
完全に国民を見くびっているのだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

以上、転載・・・続きはクリックして下さいね。




SEALDs… 頑張ってますね~。
世間を見る眼を持つ事は大切だわ。
それにしては、我が子たちは…。



☟ お一人でも読んで頂けたらと、ランキング参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ
 





● COMMENT ●

No title

お母さんとの面会に、文言から夏子さんの辛い心情が感じられます。何とも言えません。
私も2年半前に、父親が肺気腫で入院しました。91歳になるまで入院した経験がなく、ベットの上に立ち上がったり、暴れて点滴の針をは自分で抜いたり、酸素吸入パイプは外すなど、大変でした。
一番心を痛めたのは家に帰りたがったことでした。入院するまでは自分で生活できていましたから、家に帰りたいための行動のようでした。結局寝たきりとなり、1カ月後に亡くなりました。

日の出の写真はいいですね。季節によりますが、早朝ウォーキングの時に海岸(相模湾)でよく見ます。夕日と違い何とも形容しがたい神々しさを感じます。

Hじじさま、おはようございます🎶

e-241 コメントありがとうございます!
お父さま…母と同世代のようですが、やはり、大変でしたね。
生老病死の苦とはいえ、切ないモノです。

母の終の棲家がホームになるとは思いもしませんでした。
田舎も待機ジジババちゃんが多く、苦渋の決断でしたが、
せめて友人の多い田舎のホームだったらとの悔いが残ります。

田舎は島ですので自然に囲まれ、快適な毎日を送れるのですが、
老老介護、その他諸事情がありますので致し方無いのですね。

>早朝ウォーキングの時に海岸(相模湾)でよく見ます。
わわわ…ウォーキングで見られるとは、うらやましい環境ですね(*^-^*)。
一緒にいた方が、「この光景は写真には表せない」と言っていました。
そうそう・・・季節に因り、雲に因って変わってきますね。
歳を重ねてきたせいでしょうか? 自然の為す技には感動ですね。

No title

確かに昨年の安保法改定の時に、自民党はこう言いました。
「選挙が民意の結果だ」…一見、マトモナな道理の様に見えますが、選挙は民主主義の手段であって、結果では無い。
手段を目的よりも優先する政党に民主主義が理解できてるのか?はなはだ疑問に思わざるを得ないです><

sado jo さま、こんばんは🎶

e-241 コメントありがとうございます!
>「選挙が民意の結果だ」…一見、マトモナな道理の様に見えますが、
>選挙は民主主義の手段であって、結果では無い。
ホント、そうですね~。

今、テレ朝「報道ステーション」で9党の党首討論をやっていますが、
「私は行政府の長」…ご自分が主権を握っているような発言や、
これまでの成果のみを、よりよく誇張する総理。
聞いているとイライラしてきます(≧◇≦)。
山口公明党党首の自民にそのまま寄り沿った発言もオカシイです。

アベ総理(与党)の言葉の裏を読み取れるよう、賢い私たちにならねばと思います

No title

はじめまして、

お母さまのお見舞いされたあとの後ろ髪引かれる思いがよく解ります。
ご一緒に住んであげたいお気持ちがありながら、諸事情でそれも出来ないのでしょうね?

19年前に逝った母を想い浮かべながら読ませていただきました。
母も度々の入院で、もう病院へは行きたくないと言っていましたが
神か仏か、自宅で一週間床について最後は静かに94歳を全うしました。

何れ我が身・・どんな最後が待ち受けているのやら。。。

ryo さま、はじめまして🎶

e-241 コメントありがとうございます!
>お母さまのお見舞いされたあとの後ろ髪引かれる思いがよく解ります。
>19年前に逝った母を想い浮かべながら読ませていただきました。

皆さま、同じような悩みを持ちながら、介護しているのでしょうね。
お母さまは94歳・・・今の母と同じ歳ですね。
老いの形はそれぞれですが、
まさか、母をホームへ入れる事になるとは思いもしませんでした。
経済的問題で、ホームは入れられないという方もいます。
これで良し!と思う事にしています。

そうそう、何れ我が身ですね。

貴ブログへお邪魔してきました。
よろしくどうぞ・・・。



管理者にだけ表示を許可する

自民党最大議連に「消えた献金」疑惑 «  | BLOG TOP |  » ♪たしかなこと & 韓国のお嫁さん

花時計

プロフィール

kanmo

Author:kanmo
人生 いろいろ~🎶 
なんだ坂 こんな坂 (*^-^*) 

最新記事

お客様

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
平和って・・・? (80)
季節 (3)
ホッとする話題 (5)
老い(健康・ガン) (5)
あんな事こんな事 (73)
花写真 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる